ロゴ

剣道をするなら自分にぴったりな防具を見つけよう

剣道は日本の伝統的なスポーツ

子供の習い事から大人の趣味まで、幅広い世代から愛されている剣道は、日本の伝統的なスポーツです。平安時代に始まった剣技から進化し、今では世界中に広まっています。体だけではなく、精神も鍛えられる武道としての一面もあることから、学生の部活動でも人気が出始めています。

通販で購入する場合と専門店で購入する場合を比較!

比較的安価に購入出来る

通販で剣道の道具を購入する最大のメリットは、専門店に比べると比較的安価だということです。通販ならではのセールや値下げの多さや、海外製品も豊富に取り扱っているため、高額な初期費用に不安を持つ人などにおすすめです。

自分に合った道具選びが出来る

防具や竹刀は練習の度に必ず使用するため、フィット感や使い心地が自分に合っていることが重要になります。専門店ならば試着をした上で商品を選べますし、現物を手に取れるので失敗も少ないです。サイズがわからない場合は測ってもらうことも出来ます。

学生の部活でも人気

中学校に進学すると同時に、部活動が始まることも多いです。近年、様々なスポーツの中でも、剣道を選ぶ人が大幅に増えています。なぜなら、初心者が多いため1から始めやすく、武道としての一面から精神も鍛えられるなどメリットが多くあるため、子だけでなく親からの支持も大きいからです。

剣道の防具選びで重視されているポイント

自分のサイズを把握すること

通販と店舗のどちらで購入する場合でも、選ぶ基準となるのは自分に合ったサイズであるかということです。特に、面などの防具は1cm刻みでサイズが変わるため、正しい計測方法でサイズを知る必要があります。不安な時は専門店で測ってもらうのが確実です。

経験と年齢に合った刺し幅

4種類の防具には、どれも刺し幅が存在します。刺し幅とは縫製間隔のことで、狭いものは布が薄く引き締まっており、広いものは厚みがあり衝撃の吸収率が高いです。見栄えや動きやすさも全く違うため、経験年数や年齢によって細かく変える必要があります。

用途に合わせて素材を選ぶ

防具に使われている皮は、種類によって重さや耐久性に差があります。竹刀に使われている竹も同じく、素材によって使いやすさが全く違うことが多いです。普段の練習に使用するならば耐久性の高さは大切ですし、段を取得する試験ではある程度の見栄えが必要になる場合もあります。そのため、用途に合った素材選びを行うことが重要です。

自分との相性を追求しましょう

剣道に使う道具は繊細で、身長や年代などのデータだけでは自分に合ったものを見つけにくいです。特に竹刀選びは、手の大きさや筋力も関わってくるため、店舗で試してからの購入が良いでしょう。道具との相性で上達スピードにも差が出るため、出来る限り追求してからの購入がおすすめです。

剣道の防具ってどこで買えばいい?購入先を知ろう!

男性

手刺し防具って何?

剣道の防具は、面、小手、胴、垂の4種類があります。これらの防具選びの際は、刺し幅と呼ばれる縫製間隔が重要なポイントです。狭い刺し幅のものは動きやすいですが、吸収剤が多く入らず、衝撃に弱いというデメリットもあります。逆に広い刺し幅のものは、厚みが出るため動きが重たく、見栄えも悪いです。多くの市販品はミシンで刺し幅を調整されていますが、手差し防具という1針1針を職人が手縫いしたものも、絶大な支持を得ています。手差し防具ならば、ミシンでは再現出来ない柔軟性や耐久性を持ち、自分に合わせてオーダーも可能です。また、吸収剤をたくさん入れてもスマートな厚さを保てるため、本来差が出るはずのメリットを上手く取り入れることが出来るのです。

剣道防具の購入方法

通販と店舗のどちらでも、防具の購入が可能です。ですが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。通販の場合は比較的安価なものが多く、値下げもされやすいため、初心者が始めの一式を揃えたい場合にはおすすめです。重たい防具を家に届けてくれるという利点もあります。ですが、防具は試着をしなければ分からないフィット感や使い心地があるため、交換や返品対応が手厚いところで購入すると不安が少ないです。そして、自分のサイズを正確に把握していることが条件になります。店舗で購入するメリットは、自分との相性を追求出来るため、長く使える防具を手にしやすいところです。ですが、日本製にこだわる専門店も多いため、高額な防具も増える傾向にあります。

剣道の防具を揃えるのに必要な費用

日本製と海外製のどちらを選ぶかによって、防具一式を揃える費用は大きく異なります。ですが、ミシン縫いの技術にほとんど差はないので、部活動で使用する初めての防具や、普段の練習用として購入するならば充分な使い心地です。特に通販で購入すると費用も抑えられ、8万円ほどで揃えられます。試合も増えてくる高校からの部活動や、段を取得する試験を受けるようになると、防具の見栄えも重要になります。また、手縫いの防具を選ぶ場合は値段も上がるため、20万円ほどの費用が必要です。経験年数によって防具を揃える費用も高くなりがちなため、長く使える製品選びが大切になります。

広告募集中